医師協のQ&A


  日頃先生方よりお電話などで頂戴しているご質問をQ&Aで紹介します。

1. 医師協同組合の性格は?
医療機関は、産業分類の中ではサービス部門に分類されます。従って法律的には中小企業等協同組合法で定める事業協同組合に該当します。
事務所は、徳島市医師会と同じ徳島市医師会館内にあります。
2. 徳島医師協同組合の組合員資格と組合員数、又、賛助会員とは?
徳島県医師会員で徳島県内に診療所または病院を開設し、診療をされている医師または医療法人です。
勤務医の先生方が賛助会員として加入できます。出資金は不用ですが、利用分量配当金の対象者にはなれません。
3.勤務医や従業員も利用できますか?
事業者でないため組合員にはなれませんが、員外利用や賛助会員として販売商品や保険もご利用できます。
4.組合が赤字になった場合は、組合員に責任が生じるのですか?
仮に組合運営上、収支が赤字になっても、組合員に経済的負担はありません。
5.「利用分量配当」とは? 家族や従業員が利用した場合も対象になりますか?
利用分量配当金は組合に余剰金が生じたとき利益還元のために、当期に組合の購買事業等への利用分量に応じた比率で配当をおこなうものです。家族や従業員が組合員名で利用したときは対象となりますが、それぞれの名前で利用したときは対象になりません。
6. 「利用分量配当金」の対象は、どのような商品ですか?
「利用分量配当金」は、購買事業の医療用品(医療機器・医療消耗品)や衛生センター、ORCA、ALSOK、作業環境測定、等の提携事業をご利用になられた場合に利益に対して10%までの割合で配当される制度です。
7. 「利用分量配当金」の算定期間といつ支払われるの?
事業年度単位とし、当年4月1日から翌年3月31日までの1年間が対象となります。
対象商品の年間累計購入額を基準とし、利用分量配当金を積算し年度終了後の7〜8月頃に登録口座にお支払いします(組合員のみ)。
※ただし、対象事業で配当しうるだけの利益が出た場合に限ります。
8. 「利用分量配当金」の対象外商品もあるのですか?
法的規制により対象にならない商品や、利益のでない商品は対象外となります。
9. 「利用分量配当金」の税務処理はどうすればよいのですか?
確定申告が必要となり 「配当所得」扱いとなりませんのでくれぐれもご注意下さい。
青色・ 白色・ 医療法人の場合も「雑収入」扱いなります。