第4回在宅医療よろず勉強会を開催しました

令和3年10月13日(水)、Zoomを利用したオンライン研修会『第4回 在宅医療よろず勉強会』を開催しました。

本研修会は、徳島市在宅医療・介護連携推進事業の一環として、医師をはじめ、在宅医療に関わる専門職が、複雑な在宅医療制度を理解し、在宅医療を提供する上で知っておかなければならない知識を学ぶ機会として、開催しています。

あいさつ

一般社団法人徳島市医師会 会長 宇都宮 正登

徳島市健康福祉部健康長寿課 課長 田村 茂生

講演会開催の目的

一般社団法人徳島市医師会 在宅医療連携委員会 委員長 豊田 健二

講 演

■テーマ

 コロナ禍における診療報酬(特例算定を含めて)のポイント

■講師

  株式会社リンクアップラボ 代表取締役 酒井 麻由美 氏

質疑応答

12職種65名の方にご参加いただきました。
(内訳:医師18名、歯科医師4名、薬剤師、9名、ケアマネジャー7名、(訪問)看護師2名、歯科衛生士2名、理学療法士1名、作業療法士1名、(管理)栄養士1名、医療ソーシャルワーカー2名、事務職員16名、その他2名)

今回は、新型コロナウイルス感染症に関する診療報酬上の臨時的な取り扱いや、補助金に関すること、また、2021年介護報酬改定内容及び2022年診療報酬改定予測、地域包括ケアシステムの構築に向けた医療・介護連携強化策・介護報酬改定ポイントなど、多岐にわたって分かりやすくご講演をいただき、有意義な勉強会となりました。

概 要

◆ 講 演 名   第4回 在宅医療よろず勉強会

◆ 日  時    令和3年10月13日(水) 19:00~20:10

◆ 開催方法    Zoomを利用したオンライン講演会

◆ 主  催    一般社団法人徳島市医師会 徳島市在宅医療支援センター

◆ 対 象 者     徳島市内で従事する専門職の皆様

          ※参加無料