「認知症を正しく理解しよう!~地域で学び支え合う、人生100年時代~」ー八万地区編ーを開催しました

 令和2年1月26日(日)、八万中央コミュニティセンターにて、多職種による出前講座「認知症を正しく理解しよう!~地域で学び支え合う、人生100年時代~」-八万地区編-を開催しました。
 
 
 今回は、八万地区の住民の皆様を対象に、認知症について学んでいただくため、医師、訪問看護師、理学療法士の先生方に講師をお願いし、開催しました。
 
 
 
◆ 次 第 ◆
 
あいさつ

徳島市保健福祉部高齢福祉課長 竹原 義典

 

趣旨説明・寸劇
 
一般社団法人 徳島市医師会 在宅医療連携委員長 豊田 健二
 
 
 
徳島市地域包括支援センター・徳島市在宅医療支援センター職員
 
 
講 座
1.『認知症の基礎知識
 
 
【医師】八多病院 杉本 順子 先生
 
 
 
 
2.『認知症患者と接する
 
 
 
【訪問看護師】徳島往診クリニック付属訪問看護ステーション 阿部 恭子 先生
 
 
 
 
3.『認知症を運動で楽しく予防する
 
 
【理学療法士】眉山病院 小河 忠義 先生
 

 

質問時間

 

徳島市地域包括支援センターからのお知らせ

 

 
 たくさんのご参加、ありがとうございました。今後も各地域で順次開催して参ります。