「徳島市の在宅医療・介護における災害対策」ハザードマップ一覧表を作成しました

豪雨災害を警戒しなければならない時期となり、自然災害に備えて、ハザードマップ一覧表を作成しました。
要配慮者、特に在宅酸素療法などの在宅医療機器を使用している高齢者においては、在宅医療に関わる専門職や在宅医療機器提供業者等が協働し、地域の状況や患者様の状態に応じた支援が必要となります。

在宅医療やサービスを提供する際に、災害リスクを把握するツールとしてご利用ください。

 *ハザードマップ一覧の作成については、   
  
令和元年度第2回在宅医療整備ワーキンググループ~豪雨災害予見時における要配慮者への支援~ご提案いただきました。


 

★「徳島市の在宅医療・介護における災害対策」ハザードマップ一覧表       

 

【参考資料】

★「どこが危険なのか確認しておこう(土砂災害・洪水・氾濫)」徳島県県土整備部河川整備課、砂防防災課

★「いつ避難すべきか確認しよう(土砂災害)」徳島県県土整備部砂防防災課

★「いつ避難すべきか確認しよう(洪水・氾濫)」徳島県県土整備部河川整備課

 

 

★令和元年度第2回在宅医療整備ワーキンググループ~豪雨災害予見時における要配慮者への支援~
 会議の様子はこちら☟

★第8回キーパーソン3~医師・訪問看護師・ケアマネジャーの事例検討会~
 研修会の様子はこちら☟