第8回徳島市在宅医療市民公開講座の収録を行いました

 徳島市民の皆様に在宅医療に関わる専門職の役割等を知っていただくために徳島市在宅医療市民公開講座のケーブルテレビ収録を行いました。

     徳島市から委託を受けた在宅医療・介護連携推進事業の一環として、徳島市民の皆様に在宅医療を知っていただき、今後の選択肢の一つとしていただく普及啓発を目的に、徳島市在宅医療市民公開講座を年1 回開催しておりました。第8回目となる今回は、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、ケーブルテレビを通じて放送することといたしました。

       

◆開会・趣旨説明◆

徳島市医師会 豊田 健二 常任理事 

      

◆挨 拶◆

徳島市 内藤 佐和子  市長

 

徳島市医師会 宇都宮 正登  会長

 

◆在宅医療の説明◆

徳島市医師会 豊田 健二 常任理事 

◆徳島市の現状◆

徳島市保健福祉部高齢福祉課 杉本 安代 課長

◆とくしま在宅医療と介護の総合支援センター紹介◆

徳島市地域包括支援センター 菅惣 美津子 管理者

◆疾患別座談会◆

『脳梗塞を患った母と子供たち(脳血管障害後遺症)』

 参加職種:管理栄養士

      歯科医師

      言語聴覚士

      理学療法士

      訪問介護員

      作業療法士

  

 

『末期がんと診断された夫を支える家族(がん)』

 参加職種:医療ソーシャルワーカー

      ケアマネジャー

      医師

      訪問看護師

      薬剤師

      歯科衛生士

  

◆まとめ・閉会◆

徳島市医師会 豊田 健二 常任理事 

 
 
 この講座を視聴された徳島市民の皆様が、在宅医療を理解し、今後の選択肢に加えていただければと願っています。

 ケーブルテレビでの放送日時は決まり次第、本ホームページにてお知らせいたします。